Covestro IPDI、HDIのフォースマジュールを宣言。ドイツ工場火災影響

2021/1/11 コベストロはドイツLeverkusen chemical parkで供給元の冷却装置の火災影響を受け、一部製品の生産に大きな影響を受けているとされる。この結果、IPDI、HDIのForece majeureを宣言した。PU Dailyが報じているほか、公式とみられる宣言書がWeb上にアップされている。ソースによれば発表時点で復旧見込みは不明。


PU Daily:http://www.pudaily.com/News/NewsView.aspx?nid=87169

FM宣言:https://www.csc-jaekle.de/fileadmin/import/2021-01-11-Force_Majeure-HDI_IPDI-Covestro_Deutschland_AG.PDF

IPDI、HDIは無黄変タイプのイソシアネートであり、接着剤や塗料、インキの硬化剤として使用される。

Covestro IPDI、HDIのフォースマジュールを宣言。ドイツ工場火災影響」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 旭化成 HDI系製品値上げ3/10出荷分より国内+10%、海外+15% – PU Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中