伊Radici、AA/PA66の不可抗力を宣言

9/14 イタリアRadici社はAA/PA66のForece Majeureを宣言した。
複数のメディアが報じている。
これによれば、イタリアノバーラ州(Novara, Italy)でアジピン酸及びPA66製造装置2基が生産を停止した。
原料の供給トラブル、技術的問題並びに昨今の高エネルギーコストが原因であるとしている。
同社は8月にもドイツのツァイツ(Zeitz/Germany)にあるアジピン酸設備を一時停止しており、ノバーラのアジピン酸停止後に2基のPA66設備停止に至った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中