万華化学2022年1-3月期は増収減益、営業コストは前年比+51%

万華化学(Wanhua Chemical Group/中)は2022年1-3月の四半期決算を発表した。
これによれば、売上高に当たる営業収入は前年同期比+33.4%の417.8億人民元(19.6円/元換算で約8,189億円)、純利益は同▲18.8%の53.7億人民元(約1,053億円)となった。
売上高の増加は販売数量の増加によるもの、一方で純利益の減少は原料コスト増によるもので、営業総費用は前年比+51.3%の332億人民元であったとしている。
生産数量はポリウレタン系列で101万トン、石化系列で118万トン、精密化学品系列で23万トン。
主要原料のコストはベンゼンで前年比+42.8%、石炭で同+70%、プロパンが同+35%、ブタンが同+41%増加した。
主な指標(同社発表に基づく)

主要指標 億人民元 2022年1Q 2021年1Q 前年比
営業収入 417.8 313.1 33%
営業総費用 353.8 236.6 50%
営業利益 64.6 78.4 -18%
当期純利益 53.7 66.2 -19%
生産数量 万トン 2022年1Q 2021年1Q 前年比
ポリウレタン製品 101 95.8 5%
石化製品 118 86.3 37%
精密化学品 23 17.5 31%
主要原料のコスト  2022年1Q 2021年1Q 前年比
ベンゼン RMB/MT 7,947 5,564 43%
石炭 RMB/5000Kcal 1,104 649 70%
プロパン USD/MT 803 593 35%
ブタン USD/MT 802 570 41%

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中