万華化学四川でNMPに参入

2021/11/22 万華化学(四川)有限公司は年産8万トンのMNP生産プロジェクトの環境影響評価を発表した。中国メディアが報じている。
NMP(N-メチル-2-ピロリドン)は優れた特性を持つ極性溶媒で、高い溶解性を持ち、且つ高沸点(202℃)・低凝固点(-23℃)であるため取扱いが容易で広範囲で使用される。近年では特にリチウムイオン電池の溶媒やエレクトロニクス分野でも使用される他、アラミド、ポリフェニレンサルファイド、ポリイミドといった高分子材料の製造工程で使用される。

ソース:http://news.puworld.com/html/20211124/394812174.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中