トランプ政権 追加160億ドル分の対中制裁関税を発動。TDI/MDIは含まれず?

アメリカ合衆国通商代表部/United States Trade Representative (USTR)は8月23日、中国の知的財産への侵害への報復関税として輸入貿易総額160億ドル相当の279品目に25%の追加関税を発動した。中国も対抗策とし、米国製品に対し160億ドル相当の品目に追加関税を課した。
USTRの公表によれば対象は279品目(Originalは284品目)に及び、化学品においては2710類(石油及び歴青油、原油を除く)や3403類(調製潤滑剤)、3811類(アンチノック剤、酸化防止剤、ガム化防止剤、粘度指数向上剤、腐食防止剤その他の調製添加剤)等のオイル系製品や3901類~3921類までの各種プラスチック及びその原料が含まれる。
Monomeric MDI/TDI(2929類)やPolymeric MDI(3909.30又は3909.31)は含まれないがウレアレジン類(3909.10)やポリエーテルポリオール類(3907.20)、ポリエステルポリオール(3907.99)が含まれる。変性MDI等が分類されやすい3824類(鋳物用粘結剤)も含まれていない。

これにより7月に課税された340億ドル分のタリフと合せて500億ドル(約5.5兆円)相当の貿易取引に課税がされることになる。

対象リスト:https://ustr.gov/sites/default/files/enforcement/301Investigations/Final%20Second%20Tranche.pdf

USTR公表:
https://ustr.gov/about-us/policy-offices/press-office/press-releases/2018/august/ustr-finalizes-second-tranche

以下一部抜粋
USTR Finalizes Second Tranche of Tariffs on Chinese Products in Response to China’s Unfair Trade Practices
-中略-
The list contains 279 of the original 284 tariff lines that were on a proposed list announced on June 15.  Changes to the proposed list were made after USTR and the interagency Section 301 Committee sought and received written comments and testimony during a two-day public hearing last month. Customs and Border Protection will begin to collect the additional duties on the Chinese imports on August 23.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中