旭硝子 17年1-3月期 純利益倍増、通期では4割増を見込む。

旭硝子の2017年1-3月期の業績は売上高3,353億円(前年同期比+9%)、営業利益222億円(同+33%)、純利益200億円(同+125%)となった。
クロールアルカリ、ウレタン事業に於いてインドネシアでの設備増強による出荷増や原油下落に伴うコスト減が寄与したという。

同社は買収したビニタイやCMCバイオロジックス社を2017年3月迄に連結かしており、通期(17年12月期)では売上高1兆3,500億円(前期比+674億円)、営業利益1,050億円(同+87億円)、純利益660億円(同186億円)を見込む。前提条件は為替110円/USD、120円/EUR、ドバイ原油55ドル/バレルとした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中