Covestro中国・アジアで電冷向けポリオールシステム事業撤退

コベストロは中国、インド、ASEANで展開する電気冷蔵庫向けのPolyol System事業から撤退する。住化コベストロウレタンが事業体となる日本向けは対象外としている。
冷蔵庫向けウレタン断熱材のポリオールシステム事業は、顧客毎の物性要求や生産ラインの要求に対応した特注品であるが、昨今ではMDIとPolyolを分離購買する傾向があり、今後は高性能なMDIの供給に特化して事業を続けるという。尚、本件は欧州、米州での事業戦略に影響は及ぼさない。また、冷蔵庫以外のポリオールシステム事業(自動車、風力ブレード、プルトルージョン、冷凍コンテナ等)への供給は続けるという。
9/21 同社Webページで発表された。

ソース:https://www.covestro.com/press/covestro-decides-to-exit-formulated-polyether-polyols-business-for-the-appliance-industry-in-china-india-and-asean/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中