BASF 欧州、中東、アフリカ向けのポリオール及びポリオールシステムのフォースマジュールを宣言

5/5 BASFは欧州、中東、アフリカ向けのPolyol及びPolyolシステムのForce Majeureを宣言した。同社とDOWの合弁であるベルギーアントワープ(Antwerp/Belgium)のPO製造設備(HPPO法、年産30万トン、2009年稼働開始)に於いて技術的なトラブルが発生し、主原料であるPO(酸化プロピレン)の供給が受けられない為とのこと。中国メディア等が報じている。

巴斯夫宣布聚醚多元醇,聚氨酯体系不可抗力
https://www.hzeyun.com/detail/2556306

In addition, the chemical giant BASF announced that polyether polyols have encountered force majeure in Europe, the Middle East and Africa, and they have also received great attention from plastics chemists.
https://inf.news/en/economy/8a7e41b57e8da5326d853f43541b33b2.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中