BASF 2022年1-3月期は増収、EBITは増益、税後利益は減益。売上は前期比+19%の230.8億ユーロ(約3.17兆円)

4/29 BASFは2022年1-3月期の四半期決算を発表した。
これによれば売上は前年同期比19%増の230.8億ユーロ(為替137.5円/ユーロ換算で3.17兆円)、EBITDA(税引き前利益+特損+利息+原価償却)は同16.8%増の37.1億ユーロ(同5,101億円)、EBIT(金利後税前利益)は同+20.5%の27.9億ユーロ(同3,836億円)、税後利益は同▲28.9%の12.2億ユーロ(同1,678億円)となった。研究開発費には前年比+11.4%の5.7億ユーロ(同784億円)を投じた。グループ従業員数は110,828人と、前期より0.5%増加した。

BASF Group 1st Quarter 2022 Important Figuresより

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中