BASF 米GeismarのMDI設備でトラブル。フォースマジュールを宣言

2022/3/22、BASFは米ガイスマー(Geismar/Louisiana)のMDI生産設備でトラブルが発生し、Forece Majeureを宣言した。
海外メディアが報じている。
ソースによればフォースマジュールは予期せぬ設備トラブルに起因するものとし、目下修繕に取り組んでいるが、生産の中断は3週間に及ぶとしている。
同工場の生産能力は年産40万トン。不幸にも昨年は2月には寒波で、8月にはハリケーンを原因とし、二度のフォースマジュール宣言をしている。

ソース:https://www.echemi.com/cms/547000.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中