嘉宏新材 中国連雲港で80万トンのPO新設

2021/12/28 中国サテライトの子会社、江蘇嘉宏新材料有限公司は連雲港石化産業基地内に年産80万トンのPO(プロピレンオキサイド/酸化プロピレン)と52万トンのAN(アクリロニトリル)の工場を新設すると発表した。
総投資額は113.8億人民元(約2千億円)で工期は36ヶ月を予定するという。
設置設備は下記通り

 ・45万トンの過酸化物生産装置 6基(合計270万トン)
 ・40万トンのPO装置 2基(合計80万トン)
 ・6万トンのSAR装置 1基
 ・30万トンのアンモニア装置 1基
 ・12万トンのグリシン装置 1基

中国メディアが報じている。

ソース:
卫星化学连云港新建80万吨环氧丙烷项目
http://news.puworld.com/html/20220105/394812872.html

中国のPO生産能力は2021年340万トン程度であったとされる。2021年に90万トンのPO工場のスタートアップがあり、この先2年でさらに300万トン程度の能増があるとされる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中