「最悪の状況」を危惧する声も 対岸の火事どころではないウクライナ情勢 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

記事概要:

米情報機関による報告では、ロシアは予備役10万人を含む17.5万人を動員しウクライナ侵攻計画がある。

7日の米ロ対談ではバイデン大統領はロシアがウクライナに侵攻した場合「強力な経済的措置」をとるとしているが、軍事報復はしないとの裏返しにとられてもおかしくはない。

ロシア軍は引き続きウクライナ国境付近に9.2万人の軍部隊を集結させている。

https://forbesjapan.com/articles/detail/45022

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中