ドイツ レバークーゼンの化学工業団地で爆発事故

ドイツ レバークーゼン(Leverkusen/Germany)の化学工業団地Chemparkで7/27 9:40頃爆発事故があり、2名が死亡、31人が負傷、5人が行方不明となっている。
爆発は工業団地内の廃棄物焼却設備で発生。CovestroやLanxess、Evonikなどが位置する主要地区からは離れた場所に位置しているという。

同工場は本年1月に冷却装置の火災を受け、CovestroがIPDI、HDIのFM宣言をするなど事故が続いている。

関連記事:Covestro IPDI、HDIのフォースマジュールを宣言。ドイツ工場火災影響

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中