’21年7月BZ ACPは1,040ドル/トン 2017年2月以来の1,000ドル乗せ 

2021/7/1 ENEOS株式会社は2021年7月のベンゼンACP(Benzene Asia Contract Price)を発表した。
これによれば原油上昇と堅調な域内の需要を受け6月後半にかけてベンゼン市況は大きく上昇。この結果、7月ACPは前月比+70ドル/トンの1,040ドル/トンで決着した。
国内価格換算想定値は120.5円/KGで前月111.8円/KGより8.7円の上昇。

ソース:https://www.eneos.co.jp/newsrelease/20210701_03_01_2008355.pdf

1,000ドルの大台乗せは2017年2月の1,010ドル/トン以来4年5カ月ぶり。
足元原油価格は70ドル台を定着しており、アジアでは今後もBZ誘導品の新規Start upが続く為、やや強気な相場感が続くと見られる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中