三菱ケミカル 中国ビスA、ポリカ事業から撤退。中国持分法適用会社の株式をシノペックに譲渡

2021/5/7 三菱ケミカルホールディングスグループは中国でポリカーボネート樹脂及び原料のビスフェノールAを製造する持分法適用会社、中石化三菱化学聚碳酸酯(北京)有限公司(Sinopec Mitsubishi Chemical Polycarbonate (Beijing) Co., Ltd.=SMP)の保有株式をに中国石油化工股份有限公司(Sinopec)に譲渡することで合意したと発表した。SMPは2012年にビスフェノールA、ポリカーボネートの一貫生産を開始。同社株式の譲渡により中国での製造事業の撤退となる。売却額は明らかにされていない。

ソース:https://www.m-chemical.co.jp/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/05/07/smpjp.pdf

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中