BASF 北米でMDI、TDI、PolyolのForce Majeureを宣言 大寒波影響

2021/2/17 BASFはルイジアナ州とテキサス州での大寒波によるプラントダメージの影響でMDI、TDI並びにこれらの混合物、すべてのPolyol製品について2/14-16の間にフォースマジュールを宣言した。
Everchemが報じている。
ソース:https://everchem.com/force-majeure-notices-are-stacking-up/

アメリカテキサス州(Texas/United state of America)では100年ぶりの大寒波が襲来。ダラス、ヒューストンなどでマイナス12度を記録。10センチ程度の積雪に襲われた。複数の火力発電所などで凍結等の影響を受け大規模な停電を引き起こしたほか、風力発電設備が凍結。シェールオイルやシェールガスの採掘、これらのクラッカー、下流の石油製品まで一連の石油化学チェーンで大きな影響を受けている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中