豚熱イノシシ拡大じわり/日本農業新聞

豚熱に感染したイノシシの生息域が拡大している。
ソースによれば2018年9月に豚熱に感染した野生のイノシシが確認されて以降、2020年7月12日までに2,464頭の感染が確認されたという。昨年春から経口ワクチンを散布してきた岐阜や愛知では減少傾向。ワクチンで抗体を持った個体が増え、集団免疫を獲得したことで感染拡大が抑えられている(岐阜県野生いのしし対策室)とのこと。

ソース:https://www.agrinews.co.jp/p51372.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中