三井化学大牟田工場 電気設備浸水で全プラント停止 出荷には影響なし

7/8 三井化学は九州地方の豪雨を受け、電気設備が浸水。7/6夕方より全プラントの生産を停止したと発表した。これによる人的被害はなし。当面の在庫はあり、出荷にも影響なしとしている。天候が回復次第復旧するとのこと。
三井化学大牟田工場ではTDI、XDI等のイソシアネートの他、メガネレンズモノマー、農薬原体やポリイミド樹脂を製造している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中