万華化学2019年1-12月は減収減益、連結売上は680億元、純利益は101億元

万華化学(Wanhua Chemical Group)は3/31、2019年1-12月期の決算を発表した。
これによれば売上は前期比6.6%減の680.5億元(15.2円/元換算で1兆344億円)、純利益は34.9%減の101.3億元(同1,540億円)となった。セグメント別の売り上げはポリウレタン事業が318.6億元(同4,843億円)、石化事業が201億元(同3,055億円)、新材料・精密化学品事業が70.9億元(同1,078億円)となった。地域別には中国国内向けの売上が371.7億元(同5,650億円)、粗利率は33.7%であり、中国国外向けの売上は301.2億元(同4,578億円)、粗利率は21.5%であった。
生産数量はポリウレタン事業で268.2万トン、石化事業で199万トン、新材料・精密化学品事業で43万トンであった。既存設備の稼働はMDIで210万トン(年産、以下同)の能力に対して85%の稼働率(178.5万トンの生産)、TDIは55万トンの能力に対して76%の稼働率(41.8万トンの生産)であったという。主要指標は下記通り。

売上、純利益推移Y2019Y2018Y2017
売上680.5728.4648.4
純利益101.3155.7157.8
自己資本423.6380.5266
総資本968.7870.6783.2
自己資本率43.7%43.7%34.0%
前年比
単位=億元
Y2019Y2018前年比
売上680.5728.4-6.6%
売上原価490.0469.74.3%
営業費用27.824.613.0%
管理費用14.313.74.4%
研究開発費17.016.34.3%
財務費用10.810.52.9%
営業CF259.3228.813.3%
投資CF-183.7-105.7-73.8%
財務CF-92.3-99.47.1%
セグメント売上売上  売上原価粗利率
ポリウレタン事業318.6186.941.3%
石化事業201178.611.1%
精密化学品及び新材料事業70.952.725.7%
その他82.464.721.5%
セグメント別生産量万トン
ポリウレタン事業268.2
石化事業199.0
精密化学品及び新材料事業42.7
地域別売上売上原価粗利率
中国国内371.7246.333.7%
中国外301.2236.521.5%
グローバル主要生産設備
生産能力と稼働率
生産能力
万トン/年
稼働率
%
状況
MDI21085 
TDI5576 
PO/AE一体化設備183106 
SAP635 
ポリカーボネート 第1期894 
ポリカーボネート 第2期132020年6月稼働予定
PMMA839 
MMA560 
エチレンセンター100 2020年4Q稼働予定
塩ビ40 2020年4Q稼働予定
EO15 2020年4Q稼働予定
LLDPE45 2020年4Q稼働予定
PO/SM30/65 2020年4Q稼働予定
ブタジエン5 2020年4Q稼働予定
従業員数
本社8,057
子会社7,335
グループ15,392

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中