中国 湖南省でH5N1型鳥インフルエンザ感染、豚コレラは「豚転がし団」が暗躍、エイズ死者は月2,000人超

中国では2/7時点の新型コロナウィルスの感染者が3万人を超え、死亡者は637人となった。
新型コロナウィルスが注目を集めるが、感染症の拡大は深刻だ。

2月2日には中国湖北省の養鶏場でニワトリがH5N1型鳥インフルエンザに感染していることが確認された。
ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200202/k10012269261000.html
以下抜粋
これは、中国の農業農村省が1日発表したもので、湖南省邵陽にある養鶏場で、ニワトリが「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスに感染しているのが確認され、4500羽が死んだということです。感染の確認を受けて、およそ1万7800羽が予防的に殺処分され、感染が広がらないよう処理をしたということです。
鳥インフルエンザはもともとは鳥に感染する病気で、「H5N1型」と呼ばれるウイルスはヒトにも感染して重い症状を引き起こすことが知られています。中国では、去年、東北部、遼寧省の鳥の飼育施設でも感染が確認されていて、2015年には、内陸部、四川省で感染した男性が死亡したと伝えられています。
抜粋おわり

昨年中国で中国で話題になった家畜の感染病はアフリカ豚コレラだ。
豚コレラの影響で多くの豚が殺処分され、豚肉の価格が高騰したことが記憶に新しい。豚肉の価格高騰が続く中国で、感染デマを流して養豚業者から安く買いたたいたり、地域の価格差を利用してせどりをするなど、株転がしに掛けた「豚転がし団」が暗躍しているという。中にはドローンで豚コレラウィルスを散布したり、豚の死骸を豚舎に投げ込み、豚コレラの発症を偽装するなどの行為に及んでいるという。複数のインタネットメディアが報じている。

追い打ちをかける様に、中国でエイズによる死者が2か月連続で2,000人を超えたと報道された。
2019年通年のエイズ発症者は7万人、死者は2万人超に上る。

ソース:https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20200205013/


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中