2019年12月BZ ACPは665ドル/トン 前月比+20ドル

12/2 JXTGは12月のベンゼンACPを発表した。
これによれば原油価格の上昇基調であったが誘導品の採算悪化からの先行き不透明感から小幅の前月比+20ドルの665ドル/トン 上昇に留まったという。
国内換算価格は78.2円/KG。

ソース: https://www.noe.jxtg-group.co.jp/newsrelease/20191202_02_2011051.pdf

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中