万華化学 米国40万トンMDI計画を再確認。コスト増による取りやめを否定。

万華化学(Wanhua Chemical Group/China)は11/2米国ルイジアナ州に計画していた年産40万トンのMDIプラントにつき、大幅なコスト増により計画の規模と場所を場所を見直していると発表。しかしながら、北米で40万トンのMDI工場を建設する計画には変わりないと発表した。

ソース: http://news.puworld.com/html/20191104/394797938.html

カナダ、メキシコを含む北米地域では環境対応の建材需要等の高まりから年間140-150万トンのMDI需要があるとされ、地域としてはMDIの輸入ポジションであり、BASF(Geismer/+30万トン)やCovestoro(Baytown/+40万トン)がアメリカでの増設を発表している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中