東ソー EDC用高性能触媒を開発、実用化 塩ビ競争力強化へ

6/28 東ソーは塩ビモノマーの原料である二塩化エチレン(EDC= エチレンジクロライド )生産に用いる固定床式高性能触媒を開発、実用化していることを発表した。
EDCはエチレン、塩化水素、酸素を原料とすいるが、今回開発した 触媒は、銅系のシンプルな触媒組成にもかかわらず、形状や 細孔構造を工夫することにより高活性、高EDC選択性、高耐久性を実現したとしている。

ソース: https://www.tosoh.co.jp/news/assets/newsrelease20190628.pdf

ソースより引用

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中