INVISTA ナイロン66ポリマーを能増。2020年に上海で+4万トン

米INVISTAは上海工場で+4万トンのNylon 6,6ポリマーを増設する。
同社が上海化学園区に所有する年産15万トンの既存設備を増強する形。2019年中旬までに工場の建設を終え、2020年には生産を開始する予定。能増によりアジアを中心としたナイロン66ポリマーの需要増に応えたいとしている。
同工場では年産21.5万トンのヘキサメチレンジアミン(Hexamethylenediamine/HMD)の生産能力を持つが、同原料のアジポニトリル(Adiponitrile/ADN)を2023年までに増産する計画もある。
同社は本年5月に米テキサス州ビクトリア工場にて2019年第一四半期までにADNの技術的な改善と増産を行うと発表しているが、ADNの具体的なキャパは不明。

ソース:
2018/9/12 INVISTA to add 40,000 tons of nylon 6,6 polymer capacity by 2020
2018/5/23 INVISTA proceeds with $250 million technology upgrade in Victoria, Texas

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中