中国、今冬深刻な天然ガス不足 環境規制がまたもウレタン業界を直撃。BASF重慶の影響は来春まで?

中国の天然ガス不足が深刻だ。毎冬深刻な大気汚染をもたらしてきた中国北部での冬場の石炭暖房を天然ガスに切り替えを図ったところ、極端な天然ガス不足が発生している。湖南省では今冬需要に対し26%天然ガスが不足するという。
暖房燃料確保の為、中国南部への天然ガス供給を絞った為早くもウレタン原料に影響を及ぼしている。12月12日にBASFは同重慶(Chongqing)のMDIプラント(年産40万トン)が天然ガス由来の原料が調達が出来ない為にForce Majuere宣言をした。(関連記事:BASF 重慶 原料トラブルによりFM宣言
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
干すより、キレイ、ふとんクリーナーはレイコップ。
安心の公式オンラインストア!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2Z8NZ2+6RIB76+34E4+61Z83
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

中国メディアは以下の様に伝えている。
原文:A natural gas shortage — created by a drive to curb coal use that has left northern China shivering — is spreading to other parts of the country, triggering a supply-crunch alert in a central province.
The advisory came just days after the northern province of Hebei admitted it had underestimated — by 700,000 — the number of households that needed to switch from coal-heating to natural gas or electricity as part of a clampdown on dirty coal, which aims to clear the air in northern China this year.-中略-
The short supply of natural gas has claimed its first high-profile victim after a subsidiary of German chemical giant BASF SE in the southwestern municipality of Chongqing announced Tuesday it is suspending the production of MDI, a chemical widely used in insulation and ceramic manufacturing, as its supplier cannot now meet its needs for natural-gas-based material.
Chongqing Chemical & Pharmaceutical Holding Co., which sources natural gas from the state-owned China National Petroleum Corp., mixes natural gas with other chemicals before providing it to the BASF subsidiary.-中略-
All chemical and fertilizer companies in Chongqing and the southern provinces of Sichuan and Yunnan have received notifications from the CNPC and China Petroleum & Chemical Corp. — China’s largest oil and gas firms — informing them that deliveries of natural gas will be suspended from Dec. 8 as the companies need to prioritize supplies to northern China, according to media reports.
引用元:https://www.caixinglobal.com/2017-12-14/hunan-issues-alert-as-natural-gas-shortage-spreads-101185220.html

曰く、中国北部での「脱石炭」暖房の影響で天然ガスの需要が急増している他、暖房燃料の確保の為に中国中部、南部への供給を停止又は大幅にカットしているという。BASF重慶の他、重慶市と四川省、雲南の全ての肥料会社はCNPC(China National Petroleum Corp.中国石油天然気集団公司)から12月8日以降天然ガスの供給をストップするとの通知を受けた。

天然ガスの高騰を受け、中国北部では廃棄していない石炭火力設備の再開を認める方針を既に発表している。
北京では大気汚染対策のため、国内北部で住宅暖房や工場ボイラー燃料を石炭から天然ガスに切り替えるよう命じたが、天然ガス不足を受けバックアップ用の石炭火力発電所の稼働を認めている。
また、環境保護省は先週、電気・ガスによる暖房に切り替わっていない北部地域に対し、石炭の使用継続を認める方針を示した。
ソース:ロイターhttps://jp.reuters.com/article/china-pollution-gas-idJPKBN1E50QH

中国では昨今の厳しい環境規制を受け、生活材料、化学品等の不足が度々発生している。
記憶に新しいところでは、2016年中ごろより、大量の水の使用と排水を発生させる段ボール業界で稼働が急低下。納期の大幅遅延と価格の高騰を招いた。ウレタン業界では排水問題を有する塩素法を用いPOを製造する中国企業の稼働が止められた他、塩素元となる電解工業も停止や低稼働を余儀なくされ、中国のみならず東南アジアのPO・苛性ソーダ市況を押し上げた。最近ではMDI/TDI製造時の副生塩酸の販売先である金属処理工場等の排水問題を抱える企業が操業規制を受け、特に規制が厳しかったとされる山東省に拠点を持つ万華化学のMDIプラントの稼働に大きな影響を与え、MDI市況の高値維持の一因になったとされる。

中国、今冬深刻な天然ガス不足 環境規制がまたもウレタン業界を直撃。BASF重慶の影響は来春まで?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 中国MDI下落 ドル建てSPOT価格は2,200-2,300ドル/トン 各社高稼働を維持 – PU Japan

  2. ピンバック: 中国MDI下落 ドル建てSPOT価格は2,200-2,300ドル/トン 各社高稼働を維持 – PU Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中