コベストロ ハリケーンハービー影響によるフォースマジュール宣言を解除



コベストロはハリケーンハービーの影響で宣言をしていたテキサス州ベイタウン工場Force Majeureを10月2日に解除。下記商品の供給を再開した。

・MDI
・Polyol
・36%塩酸
・50%苛性ソーダ

TDIについては同日時点でFM宣言を解除していない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

原文:
Pittsburgh, October 2, 2017 — Effective immediately, Covestro LLC has lifted Force Majeure regarding its ability to supply:

Methylene Diphenyl Diisocyanate (MDI)
Polyols
Hydrochloric Acid 36%
Liquid Caustic Soda 50%

Force Majeure remains in effect for Toluene Diisocyanate (TDI).

On August 30th, Covestro LLC declared Force Majeure due to implications stemming from Hurricane Harvey’s impact on the company’s Baytown, Texas, manufacturing facility.

ソース:
https://www.covestro.us/en/media/news-releases/2017-news-releases/2017-10-02-lift-of-force-majeure







コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中