住友化学 PO製造技術タイ国営石油子会社(PTTGC)にライセンス供与

住友化学はPO(プロピレンオキサイド)製造の独自開発技術であるキュメン法をタイPTTグローバルケミカル(PTTGC)にライセンス供与すると発表した。
キュメン法はキュメン及びエポキシ触媒を用いた単産法であり、住友化学(日本)、ペトロラービグ(サウジ)で商業ベースで稼働をしている他、韓国 S-OIL 社とライセンス契約を締結し、2018 年前半の稼働開始を控えているという。
PTTGCは子会社を通じ、2020年前半に20万トンのPOプラントを稼働する計画。
PTTGCは2012年11月に仏Perstorp Holding France SAS(現Vencorex Holding、TDI、HDI、IPDI等の製造)の51%の株式を取得しており、ウレタン事業への展開を加速している。

ソース:

クリックして20170831.pdfにアクセス

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中