中国MDI、TDI高騰。MDIは3,200ドル/トン、TDIは4,400ドル/トン

中国のMDI、TDI市況が再び高騰している。
7月末にはCFR ChinaベースでTDI 3,250-3,300ドル/トン、Polymeric MDI 2,700-2,800ドル/トン程度であった市況が足元ではTDIで4,000ドル/トン、Polymeric MDIで3,200ドル/トン程度まで上昇している。
中国国内の需要が堅調であり、依然としてタイトバランスが解消されない中、韓国麗水のGS Caltexの火災の影響を受け、韓国勢が輸出を抑えた為と言われる。また、万華化学は8月8日から煙台60万トンのMDIプラントの定修を実施した。8月21日迄に稼働を再開した模様である。
欧州、中東、アフリカ、アジア、アメリカの全ての地域でMDIがショートし、価格は上昇に転じている。
2017年の全世界のMDI生産キャパは800万トン、需要は650万トン程度と推測されるが、キャパについては公称値であり、定修等を加味していない可能性がある。現実的なキャパは少なくとも1か月分、10%程度は減じて考えるべきだと思われる。

MDI、TDIの製造には複数の反応工程を経る為、一部原料にトラブが発生した場合でもプラント全体に影響を及ぼす。また、TDI、MDI共に生産量と同程度の副生塩酸が発生するが、これらの処理もプラントの稼働に大きく影響を及ぼす。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中