東レ・デュポン 親会社との連携強化:化学工業日報

東レ・デュポンはパラ系アラミド繊維「ケブラー」、ポリイミド(PI)フィルム「カプトン」の両事業で親会社との連携強化に取り組む。東レが持つ繊維やフィルムの加工技術を取り込み、技術開発を加速させる考え。他方でデュポンとの連携によってグローバル市場でブランド戦略を強化していく。ケブラーでは4月、東レの工場内にテクニカル拠点を開設し、協業しやすい体制を構築した。新社長に東レの技術出身である中瀬道行氏を迎え、開発力に磨きをかけてブランド力を高める。

http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2017/08/04-30438.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中