旭硝子 タイ電解拠点を強化:化学工業日報

旭硝子は、タイの電解拠点の1つであるパパデン工場(サムットプラカーン県)の競争力を一段と引き上げる。2018年内をめどに電気抵抗の低い最新鋭の電解槽を導入し、製造コストの大きな割合を占める電力の使用量を削減する。そのほか冷却水設備も更新する。ビニタイの買収によってタイでのクロール・アルカリ事業の規模を拡大するなか、最も長く操業するパパデン工場でも設備投資を行い、事業基盤を強固にする。

http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2017/08/07-30454.html

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中