旭化成 タイで次期増強準備 ポリウレタン弾性繊維など 化学工業日報

旭化成は、タイのポリウレタン弾性繊維(スパンデックス)とポリプロピレン(PP)スパンボンドの両工場で増産に向け準備に入った。スパンデックスは紙おむつなどの衛生材料向けやスポーツ用などの衣料向けが、スパンボンドも高機能を強みに衛生材料向けが伸びている。同社は世界に工場を構えるが、成長市場の東南アジアへの供給拠点であるタイが増強の最有力候補。スパンボンドでは将来の事業拡大に向け隣接用地の拡張なども検討している。両工場は近接しているため設備・工場運営や営業での連携も強化する。

http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2017/08/01-30367.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中