米軍シリア空幕で原油金が値上がり、為替はリスク回避の円高に

米軍は3/6未明シリア空軍基地に50発以上の巡航ミサイルを打ち込んだと発表した。

これを受け原油価格は2%ほど上昇52.5ドル近辺で取引されている。為替は1ドルあたり110.8円近辺から110.3円近辺まで円高に推移した。NY金先物は一時1266ドルと2月以来の高値を付けた。

アサド政権がサリンガスを使用したとの情報を受けての空爆と見られる。

アサド政権を指示するロシアと米国の対立は必至だ。

日経平均は前日比僅かに下げ、防衛産業に強いIHIは前日に引き続き3%超の値上がり。石川製作所は18%高で取引されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中