インド 日中韓製TDIにアンチダンピング税を課税か

インド政府は日中韓製TDIにアンチダンピング課税を行うと発表した。
日本産は140ドル/トン、中国産は260ドル/トン、韓国産はHanhua 製が170ドル/トン、BASF製が310ドル/トン、その他のメーカー製が400ドル/トンの課税となる。

5/6迄が公告期間となり、この間に異議を唱えることが出来るとしている。

インドにはGNFC(Gujarat Narmada Valley Fertilizers & Chemicals)が65KTのTDIプラントを持つが、インドのTDI市場は80-85KTとみられ、輸入ポジションにある事は変わりない。

近隣地域に目を配ると年内にもDOWがSADARAで25万トンクラスのTDIプラントの立ち上げをすると見られ、日中韓勢は益々苦戦を強いられそうだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中