蘭アグゾ 米PPGの買収提案を拒否

塗料世界首位のアクゾ・ノーベルは22日、同2位の米PPGからの買収提案を再度拒否したと発表した。PPGは3月9日に一旦拒否された提示金額に上乗せし、今回約227億ユーロ(2兆7千億円)の買収提案を行ったがアクゾ側は「当社の価値を反映していない」と拒否した。

世界の塗料市場は年率5%で成長し、2020年代には20兆円市場へ拡大すると言われる。世界の塗料業界では大型買収が相次ぎ、事業再編が進む。日系大手の日本ペイント、関西ペイントは海外のローカルメーカーを対象に資本提携やM&Aを展開、海外展開を進め、世界で稼ぐ体制の構築に力を入れている。日本ペイントは中国、関西ペイントはインドで強固な事業基盤を構築していると言われる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中