デンソーひまし油系ポリウレタン樹脂を採用。排ガスセンサー部品に。

デンソーは3月21日、環境負荷低減を目的として、デンプン由来のバイオポリカーボネートおよび、ひまし油由来のウレタン樹脂を製品の一部に採用したと発表した。

デンプン由来のバイオPCはトヨタ自動車向け純正カーナビゲーションの樹脂パネルへ、ひまし油由来ウレタン樹脂は自動車向け排ガスセンサーの接続部の保護部品に採用された。

ひまし油由来のウレタン樹脂はひまし油の分子構造を工夫し、耐熱性に優れるウレタン樹脂を開発し、従来の高価なシリコーン系の樹脂より安価で、世界で初めて、150℃の耐熱化と発生ガスの大幅低減を実現しているという。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中