ブリヂストン タイヤ値上げ 6年ぶり6月より6%

ブリヂストンは6月1日よりトラックバス向けを含む自動車用タイヤを6%値上げすると発表した。
原料高騰を理由とし、企業努力のみでこれを吸収することは困難な状況であると判断し、国内市販用タイヤの出荷価格の値上げを決定したもの。

改定幅は下記通り。

乗用車・バン用タイヤ(夏) 6%
小型トラック・バス用タイヤ(夏/冬) 6%
トラック・バス用タイヤ(夏/冬) 8%
建設・鉱山車両用タイヤ(夏/冬) 10%
産業車両用タイヤ(夏/冬) 8%
二輪自動車用タイヤ 6%
その他タイヤ 8%
チューブ、フラップ 8~10%

ブリヂストンは世界最大のタイヤメーカー。概ねタイヤ事業と非タイヤ事業である「多角化」事業に分けられるが、ここ数年タイヤ事業は絶好調であり。2016年にはタイヤ事業で15%の営業利益率をたたき出している。

事業別(億円) 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
タイヤ 売上高 25,572 30,369 30,933 31,744 27,657
営業利益 2,604 3,994 4,358 4,727 4,147
営業利益率 10.2% 13.2% 14.1% 14.9% 15.0%
多角化 売上高 4,990 5,462 6,018 6,350 5,857
営業利益 255 385 421 445 348
営業利益率 5.1% 7.1% 7.0% 7.0% 5.9%
また、同社は2011年に22円であった一株当たり配当金を2016年には140円まで増やし、配当性向を4割としている。自社株買いや配当の増額等、株主還元をかなり意識した形だ。
発行済み株式の14.2%以上を石橋家又はその関連団体が握っていると見られ、これらへの配当総額は年間132億円超に上る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中