東洋ゴム工業 非自動車分野事業を売却と報道 硬質ウレタン、産業資材等 売却規模は100億円程度。報道を受け株価は急騰。東洋ゴムはこの報道を否定。

東洋ゴム工業が自動車関連以外の事業について売却を検討していると報道された。産業用資材などが対象になる可能性がる。主力のトラックバス向けを中心とするタイヤ事業に経営資源を集中させる狙い。不祥事があった免震ゴムなどは事後対応が残っているため当面継続するとのこと。

 売却を検討中の事業の生産拠点は、産業用資材を扱う兵庫工場(兵庫県稲美町)と建材用ウレタンを手掛ける子会社の厚木工場(神奈川県厚木市)。売却規模は100億円程度と報道されている。
同日東洋ゴム工業はホームページでこの報道を否定している。

東洋ゴムの自動車関連以外の事業では、免震ゴムや防振ゴムなどでこれまでに1,100億円超の特損を計上している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中