ブリヂストン 16年12月期は減収減益。1500億円の自社株買いを好感し株価は上昇。原材料高は製品価格への転嫁でカバー可能。

ブリヂストンは17日、2016年12月期の連結決算の純利益は前期比7%減の2,655億円であったと発表した。2017年12月期は5%増の2,800億円を見込む。

同日併せて最大で1500億円の自社株買いを発表した。発行済み株式数の6.4%にあたる規模であり、市場ではこれを好感し、株価5%程上昇。

足元の原料高については江藤彰洋副社長が「原材料費の上昇などコスト増加は適切な価格転嫁で補う」と述べた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中