Mazda CX-5をフルモデルチェンジ シートにはブリヂストン製の振動制御高機能ウレタンを採用

Mazdaが2月2日に発売を開始した新型CX-5はフロントシートクッションに3年掛けて開発したという振動抑制機能を持つ高機能ウレタンを採用している。

同モデルでの全座席(運転席、助手席、及び後部座席)の座面部分のクッション部のシートパッドは株式会社ブリヂストンが供給する。新たに開発した独自の配合により、座面の表層部を柔らかくし、ソフトな座り心地を追求したという。

新型CX-5はエンジンの基本設計は変わらないが、制御系統を見直し、全モデルよりもレスポンスの良いアクセルワークが可能という。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中